マリオネットラインの原因と対策!予防を忘れず若い肌を維持!

笑った時にくっきり深い溝ができる通称「マリオネットライン」は、決して嬉しいものではありません。マリオネットラインは口周辺からアゴにかけて、マリオネット人形のように平行に線ができるもので、この原因は長年の表情のクセによるものといわれています。同じ表情を繰り返すと加齢とともに皮下脂肪に溝がついてしまい、さらに肌のハリがなくなることで深い溝状態になってしまうのです。

マリオネットラインはほうれい線をさらにはっきりさせたようなイメージがありますので、見た目年齢にもかなり影響を与えますよね。そこでどのような対策をとるとよいのか、困っている方にぜひオススメの方法をご紹介しましょう。

マリオネットラインの原因と対策は

  • 睡眠時間を増やす
  • 紫外線対策をする
  • 喫煙に注意
  • ほうれい線を消す化粧品を使う
  • 水分補給
  • ダーマルフィラー
  • レーザー治療
  • コラーゲン注入
  • フェイスリフト

以上の対策方法を見ていきましょう。

アンチエイジングは睡眠時間を増やして老化予防!

睡眠中は肌の回復時間なので美肌ケア、アンチエイジングケアにはとても大切です。睡眠時間が不足するとターンオーバーが乱れてしまい、化粧品の効果もなかなかでなくなってしまいますよ。早寝早起きを意識して遅くても12時までには寝るように心がけてください。

そしてもうひとつとても重要なのが寝る姿勢です。マリオネットラインの原因と対策で注意したいのはうつぶせ寝。顔を下に向けて寝ると重力の働きで皮膚が下に引っ張られてしまいます。するとシワやマリオネットラインは次第に悪化してしまいますので、なるべく仰向けで寝るようにしましょう。

もし横向きで寝る場合には同じ側にならないように向きを変える、または枕をあてて顔の位置を高くするように意識してください。快眠するためには以下のポイントを覚えておきましょう。

快眠のためのポイント
  • 寝る直前までスマホやテレビは見ない
  • 遅い食事はしない
  • 早めに部屋を暗くする
  • 室温を快適に調整する

出かけるときは必ず紫外線対策をしよう

紫外線はメラニン色素の働きを活発にするため、シミの原因になることは皆さんご存知でしょう。しかしダメージはそれだけでなく、紫外線を大量に浴びるとコラーゲンが減少するってご存知でしたか。

紫外線は肌のたるみを招くので、出かける時は必ず紫外線対策をしないとマリオネットラインが悪化してしまいます。日焼け止めはなるべくSPFの数が高いタイプを選び、日中の日差しが強い時間帯はなるべく屋外にでないように心がけてください。

もし外出する時や屋外で過ごす場合はつばの広い帽子をかぶったり、日焼け止めをこまめに塗り直して対応しましょう。マリオネットラインの原因と対策にメリットになる紫外線予防は以下のポイントを覚えておくと安心ですよ。

紫外線予防のポイント
  • ビタミンCサプリメントを飲む
  • 日陰で過ごす
  • UV効果のあるファンデーションを使う
  • 保湿をする

喫煙に注意!

タバコに含まれるニコチンをはじめ、有害な物質は肌の弾力の元になるコラーゲンを減らす働きがあります。長年タバコを吸っているとコラーゲンを生成する機能も低下するため、将来的にもコラーゲンが少くなる恐れがあるのです。

また喫煙は体内で活性酸素を大量に増やす作用もありますので、アンチエイジングには逆効果。活性酸素は体の細胞の劣化を早めるものなので、肌だけでなく健康にも悪影響になってしまいますよ。

マリオネットラインの原因と対策では、体の健康を維持しながら美肌ケアをすることがとても重要なのです。見た目年齢を若くするためには、自ら行う悪い習慣を排除して適切なお手入れをしてくださいね。

ほうれい線を消す化粧品を使う

マリオネットラインの原因と対策で一番簡単にできるのが、普段のスキンケアです。大切なのはどんな美容成分を補うかという点で、マリオネットラインにはほうれい線対策に特化した化粧品が一番良いでしょう。

スキンケアは改善効果もありますが、それ以上にマリオネットラインの予防策としてメリット。化粧水や乳液での保湿、寝る前のアンチエイジングクリームなどは肌を活性化してくれるので、見た目年齢が気になる人にぜひオススメです。

加齢とともに肌はデリケートになりますので、化粧品も見直しが必要です。アンチエイジング用のコスメは種類が色々ありますので肌タイプに合わせて選んでくださいね。すぐにマリオネットラインが消えるワケではありませんが、今正しくケアしておかないと数年後にさらに悪化してしまいますよ。ほうれい線を消す化粧品には以下のような成分がオススメです。

ほうれい線を消す化粧品の効果的な成分
  • コラーゲン
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC
  • 成長因子

水分補給で肌の乾燥を予防する

水分補給は肌の働きを活性化するためにとても重要です。本来は肌内部に水分を溜めこみハリを出すものなのですが、加齢とともに保水力が低下し乾燥しやすくなっています。するとマリオネットラインもさらに深くなりますので、水分補給で弾力を回復させることが改善策のひとつ。

シワや溝が深くなるのはその部分が乾燥しているサインなので、適切な部位に保湿することがポイントになります。化粧水やクリームだけで充分な保湿ができない場合は、週に2回ほどパックやマスクをしてプラスケアを始めましょう。

また肌に水分補給するだけでなく、体内からも水分をたっぷり補うことが大切です。大人に必要な水分は1日2リットル。ミネラルウォーターや水をこまめに飲み、ジュースやコーヒーなどの飲みすぎに注意しましょう。

ダーマルフィラーのテクノロジーで改善

ダーマルフィラーは美容クリニックで行うマリオネットラインの対策方法のひとつで、欧米ではとてもお馴染みになっている施術です。人間の肌は加齢によりハリやツヤがなくなり、それとともにシワたたるみが増えていきますよね。自然の流れに任せておくと症状はどんどん悪化するばかり。

ダーマルフィラーは皮膚充填剤のジュピタームやスチレインなどを皮膚に注入してハリと弾力を回復させるものです。シワを消したるみを改善するのでマリオネットラインの対策にもぴったり。この方法が行われる一番人気の部位は口元のシワ、マリオネットラインなど。施術後は30分ほどですぐに効果が出ますので、即効性を求める方にはとても良いでしょう。

充填剤はヒアルロン酸から作られたもので、ハリ回復や関節炎の患者さんの修復としても使われています。効果は6~9か月ほど続きますので、大切なイベントがある時などにオススメです。

レーザー治療で消す

マリオネットラインの原因と対策で、本格的に治したいという方には美容クリニックのレーザー治療という方法もあります。ほうれい線対策は色々な方法がありますが、すぐに効果が出るものは少ないですよね。レーザー治療は光を照射してコラーゲンの生成を活発にするもの。高周波や超音波などの治療機器が開発され顔に傷をつけずに治療ができるようになっています。

ただしレーザー治療は効果が永久ではありませんし、コストも顔全体をやった場合15~25万円ほどかかる場合もあります。マリオネットラインの原因に合わせて適切なレーザー治療をすることが大切なので、気になる方はいくつかのクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

コラーゲン注入で肌の弾力を回復

シワやたるみ改善に人気があるコラーゲン注入。注射で簡単にハリがある肌を手にできると、アンチエイジング世代にはとても興味的な方法です。

コラーゲンは血管、筋肉、肌などいたるところに存在しハリやツヤを維持するための大切な働きをしています。コラーゲンの生成が活発になると肌のターンオーバーも活性されるため、メラニン色素を輩出しシミの予防にもメリットがあります。

コラーゲンは加齢とともに減少するため、目尻のシワ、マリオネットラインの原因になりますよね。コラーゲン注入は肌のへこんだ部分にコラーゲンを注入して部分的に盛り上げる施術です。時間は10分~20分程度。局部麻酔を使用して痛みもできるだけ軽減されています。

効果は3~6か月ほどで医師の腕によっては肌の表面が凸凹になる場合もあるため、実績のある美容外科クリニックを選びましょう。コラーゲン注入がよいのは以下のような部位があります。

コラーゲン注入が効果的な部位
  • マリオネットライン
  • 眉間のシワ
  • 額のシワ
  • ほうれい線
  • 口角周辺のシワ

フェイスリフトで消す

効果的なアンチエイジング方法のひとつフェイスリフトは、頬や首などたるみを取り除く施術方法です。フェイスリフトは切開するものとしない方法の2つがあり、切開するフェイスリフトは皮膚を引き上げる方法や表情筋を引っ張り上げる方法などがあります。

年齢とともに肌がたるみ、余分な皮膚を取り除く、もしくは引っ張りあげる施術。最近はメスを使わずに特殊な糸を使って肌を自然に引き上げる方法もあります。

フェイスリフトは施術なのでダウンタイムもありますし、コストもかかります。即効性がありますが、傷が残ったり痛みが数日間残るなど注意しないといけない点もあります。マリオネットラインの原因と対策はまず自分でできる方法から試し、それでも満足しない場合はクリニックで相談するとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。