ちりめんジワの原因と対策!今日から自分でできる10の方法

ちりめんジワの原因と対策で困っている方はとても多いですよね。シワは加齢のサインなのでどうにもならないと諦めている人もいるでしょう。そもそもシワは角質層内のコラーゲンとエラスチンが減少して、層が崩れてしまうことが原因です。加齢だけでなく紫外線やアルコール、たばこ、睡眠不足、ストレスなども原因となりますので、スキンケアを中心に生活習慣を改善することも忘れてはいけませんね。

ちりめんジワの原因と対策に良いものとして、ほうれい線を消す化粧品があります。さらに効果を出すためにはちょっとしたアイデアをプラスするのも方法のひとつ。そこで早速ですが、家庭でできるちりめんジワ対策10の方法をご紹介したいと思います。

ちりめんジワによいものは

  • アロエ
  • ショウガ
  • 水分補給
  • バナナ
  • アーモンド
  • オリーブオイル
  • ニンジン
  • レモン
  • パイナップル
  • フェヌグリーク

以上10のアイテムについてみていきましょう。

アロエ

アロエには肌によい成分が色々含まれて、ちりめんジワを減らし肌にハリを与える効果があります。アロエ入りの化粧品も販売されているほどですから、自然なケアをしたい人にもとてもオススメです。ではどのようにちりめんジワ対策をするかご紹介しましょう。

  • アロエの葉の部分を切り取り、硬い皮をはがしなかのジェル部分を肌に直接塗布します。15分~20分程度そのままにして、最後はぬるま湯で綺麗に洗い流してください。
  • アロエのジェル部分小さじ1杯とビタミンEカプセルのオイルを合わせて、ちりめんジワの目立つに塗布します。30分ほどそのままおいてぬるま湯で洗い流しましょう。

アロエには以下の効果があります。
 殺菌成分・日焼け止め・シミ予防・美白効果・ニキビ予防・保湿

ショウガ

ショウガはちりめんジワの予防に大変メリットがある抗酸化成分を含んでいます。角質層内のエラスチンを活発にし、ちりめんジワなどの細かいシワにもメリット。ショウガは殺菌作用がありますので体の免疫機能を高め、風邪予防にも人気があります。

健康食品でありながらさらに美肌にも効果的。ショウガに含まれるショウガオールやジンゲロールという成分には体を温める作用がありますので、新陳代謝を活性し若々しい肌を維持してくれます。抗酸化作用はビタミンEの3倍以上もあるといわれていますので、体のなかからちりめんジワに働きかけるとよいでしょう。ショウガのオススメの摂取方法は次の通りです。

  • ショウガのすりおろしと大さじ1杯のハチミツを混ぜたものを毎朝食べる
  • ショウガ入りの紅茶を1日2回飲む

水分補給

水分補給は一番シンプルなちりめんジワ対策方法です。ちりめんジワの原因は肌の乾燥も影響しているため、体のなかから水分を補うことがポイント。肌の水分バランスを整え、体の脱水症状を予防することで肌のツヤや弾力を回復してくれます。水分補給はできるだけ精製されたミネラルウォーターが体にも安全です。

水道水にはカルキなどの薬品が含まれている可能性もありますので、沸騰させた水を飲むか市販のミネラルウォーターがよいでしょう。

朝起きたらまず最初にコップ1杯の水。胃腸の活動を活発にして便秘改善にもメリット。アルコールやカフェインなどはなるべく避けてデトックスを意識してください。

バナナ

ダイエットや健康食品としておなじみのバナナはビタミンやミネラルなどがぎゅっと詰まった栄養価の高い食べ物。さらに抗酸化作用が高いためちりめんジワにも大変メリットがあります。

バナナは食生活にプラスしてもよいのですが、ちりめんジワ原因対策として直接肌につける方法をご紹介しましょう。

  • 熟したバナナをつぶしてペースト状にします。このペーストをちりめんジワが目立つ部位に塗布してそのまま30分間置き、ぬるま湯で洗い流してください。最後は化粧水で肌を整えて完了です。
  • バナナとアボカド、ハチミツを合わせたペーストを作り同様にちりめんジワが気になる部分や顔全体に広げてパックします。20分ほど置いてからぬるま湯で洗顔して保湿をして完了。バナナのパックは週に2回ほど継続して行うことがオススメです。

アーモンド

アーモンドは抗酸化成分が豊富な食べ物でアンチエイジング効果が注目されています。食物繊維、ビタミンE、鉄、亜鉛、葉酸、などこれらの栄養がちりめんジワを軽減する作用があり、シワ予防にも効果を発揮してくれます。

  • アーモンドを牛乳に浸して一晩放置。次の日にアーモンドの皮を取りペースト状になるまでつぶしてください。このペーストをちりめんジワが気になるところに塗布して20分~30分ほど放置して最後はぬるま湯で綺麗に洗い流しておきましょう。ちりめんジワだけでなく目の下のクマ対策にも大変効き目がありますよ。効果を発揮させるためには毎日このパックを続けてください。
  • パック剤を作るのが面倒な場合はアーモンドオイルを使ってマッサージするのもオススメ。老化スピードを遅らせるため、ちりめんジワが深く刻まれる前の対策としてぜひどうぞ。

オリーブオイル

美容オイルが近年とても人気がありますよね。オリーブオイルは肌のマッサージに適したオイルで、抗酸化作用が高いためちりめんジワ対策にもピッタリ。ビタミンAとビタミンEを多く含み、肌細胞の酸化を防いでくれます。使い方は次の通り。

  • 定期的にオリーブオイルを使って肌のマッサージをしましょう。ちりめんジワが気になる目尻などは強くこすらないように優しくマッサージ。そのまま10分ほど置くとオイルの成分がしっかり皮膚に吸収されさらに効果的です。オリーブオイルは肌の保護機能を活発にし、壊れた肌の細胞の修復や保湿ケアにも効果があります。
  • オリーブオイルはそのまま使ってもよいのですが、さらに美肌効果を高めるためにはハチミツをプラスしましょう。オリーブオイルとはちみつを同量混ぜ合わせたもので1日2回マッサージしてください。古い角質がはがれ肌のハリが回復されるため、ちりめんジワの原因対策にも効果が出やすいでしょう。

ニンジン

ニンジンは肌のハリを作り出すコラーゲン生成をサポートする効果があります。ニンジンに多く含まれるビタミンAは肌をスムーズにするメリットもありますので、見た目年齢が若々しくなる効果も。ニンジンを使ったちりめんジワ対策は次の通りです。

  • ニンジンを柔らくなるまでゆでてペースト状につぶします。ここにハチミツをプラスして直接顔に塗布しましょう。30分ほど置いたらぬるま湯で綺麗に洗い流して完了です。
  • ニンジンをミキサーでジュースにしたものとハチミツを同量合わせたものを、朝と夜10分間パックとして顔の塗布します。時間が経ったら洗い流して完了。朝は肌の透明感がアップするのでメイクもしやすくなりますよ。
  • 生のニンジンを食事にプラスしましょう。スティックサラダやニンジンジュースは酵素をたっぷり含んでいますので体のなかからアンチエイジングができます。

レモン

レモンにはビタミンCが多く含まれているのは皆さんご存知でしょう。レモンの酸は古い角質を剥がすピーリング効果がありさらに毛穴を引き締める作用もありますのでたるみで目立つ毛穴の開きや黒ずみ対策にもオススメです。ちりめんジワや目の下のクマ、肌のくすみなど老化サインの改善に良いでしょう。

  • 一番簡単な方法は絞ったレモン汁を薄く肌に伸ばして5分~10分パック。1日に2,3回行うと効果が出やすいですよ。
  • レモン、ヨーグルト、ハチミツ、ビタミンEオイルをすべて同量で合わせたものをパック剤として使います。約15分~20分ほど時間をおいてぬるま湯で洗い流してください。
  • レモン汁とグースベリーの粉末を合わせたものをちりめんジワが目立つところに塗布してパックします。抗酸化作用が高いのでシワの予防とエイジング予防にメリットがあります。

パイナップル

パイナップルにはハリ回復、保湿などに効果がある酵素がたっぷり含まれています。また古い角質を綺麗にはがし抗酸化作用が高い食べ物なので、アンチエイジングにはぜひプラスしたいですね。パイナップルは食物繊維が豊富で肌の健康状態を高める効果もあります。

  • カットしたパイナップルの面を肌に直接塗り、そのまま20分ほど放置。ぬるま湯で洗い流してください。
  • パイナップルジュースを5分間顔に塗布してから洗顔します。毎日続けると目の下のクマも薄くなり肌の透明感がアップしますよ。パイナップルはスキンケア以外にも食生活にプラスすることも大切。アンチエイジングは果物や野菜をたっぷり摂取するように心がけてくださいね。

フェヌグリーク

フェヌグリークはハーブの一種で肌トラブルの改善に使われています。ちりめんジワを目立たなくする効果もあり、ビタミンやミネラルなどの肌に良い成分もバランスよく含まれていますので肌の栄養補給としてもよいでしょう。

  • フェヌグリークの葉をミキサーにかけてペースト状にします。このペーストを顔に塗布してそのまま一晩置きます。朝になったらぬるま湯で綺麗に洗い流し保湿をして完了。
  • フェヌグリークの粒を鍋で沸騰させたものを冷ましたゆで汁で洗顔したり、フェヌグリークオイルを直接ちりめんジワに塗る対策方法もオススメです。

コメントは受け付けていません。