ほうれい線はたるみ毛穴のせいでさらに目立つ理由と対策

ほうれい線とたるみ毛穴は同時に起こる場合がほとんどです。加齢とともに毛穴の黒ずみが目立つと肌が汚れて見える原因ですよね。ほうれい線という大きなハンデがありながらさらに毛穴のトラブルを抱えてしまうと、どこから手を付けていいのか困ってしまう人も多いでしょう。

そこで効果的なケアをするためにも、ほうれい線とたるみ毛穴の関係について詳しくご説明したいと思います。ほうれい線だけならまだしも、毛穴の汚れがあるせいでほうれい線がさらに目立ってしまうことがあります。この二つの厄介なトラブルはどちらもアンチエイジングケアが必要なのです。

ほうれい線とたるみ毛穴の関係とは

  • ほうれい線の原因
  • たるみ毛穴の原因
  • 抗酸化でたるみ予防
  • 生活習慣も注意しよう
  • ほうれい線を消す化粧品で保湿

以上5つのポイントを見ていきましょう。

ほうれい線ができる原因について

ほうれい線ができるのは加齢のため、と一言ではかたずけられない様々な理由があります。ほうれい線が進行すると無表情の時にもくっきりと頬に深いシワができ、影を作るためにとても年齢がわかりやすい症状です。
フェイスラインが全体的に下に向かって垂れてしまい、疲れたような表情に見えますよね。加齢はほうれい線ができる大きな原因になりますが、いつからできると正確な年齢はありませんし、若い人でもほうれい線が目立つ人は存在します。

まず加齢以外で大きな原因になるのが肌の乾燥。慢性的な乾燥が続くと肌の弾力成分が不足して頬のたるみがどんどん進行してしまいます。そして紫外線も肌に与えるダメージが色々あることは皆さんご存知だと思いますが、紫外線のUV-Aは波長が長いため真皮まで到達して肌のハリを作るエラスチンやコラーゲンを破壊してしまうのです。

ほかにも肌荒れ原因となる喫煙、肌の栄養となるビタミンC不足などの食生活の偏り、血行不良によるむくみといったこともほうれい線が目立つ原因となっていますよ。

たるみ毛穴ができる原因とほうれい線との関係

ほうれい線とたるみ毛穴はどちらもすぐに改善できない面倒な肌トラブルですが、効率的なケアをするためには原因を理解しておかないといけません。そもそも毛穴が丸い形になっているのは、真皮層が内側から皮膚を支えているためで、真皮層を作るエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などがうるおいやハリを作る大切な役割をしています。

これらのハリや弾力を作る成分は加齢とともに減少していき、ほうれい線がはっきりと目立つ40代以降になるとピーク時の20代と比較するとうるおい成分は半分程度まで減っているともいわれています。

ハリ成分が減ると必然的に皮膚を支えている真皮層が緩んでしまうので、そのために肌の表面ではたるみ毛穴という症状がおこる仕組みになっています。また加齢以外にも肌の乾燥、紫外線のダメージ、生活習慣によるターンオーバーの乱れなどもたるみ毛穴の原因です。

また表情筋が加齢により衰えてくると皮膚がたるみ、毛穴が重量で下に引っ張られて汚れが入りやすくなる悪循環も始まってしまいます。たるみ毛穴はほうれい線が悪化する最初のサインとしてしっかり対策をとることが必要ですね。

たるみ毛穴を改善するには抗酸化が大切

ほうれい線が目立つたるみ毛穴はそのまま放置していると、さらに汚れが入り角栓ができてさらに毛穴を広げてしまう原因。それだけでなくほうれい線も進行してしまいますので、たるみ毛穴は肌が送っているアンチエイジングのサインとして受け止めないといけませんね。

そこで注意したいのが「抗酸化」。体内で発生する活性酸素は紫外線や加齢が原因といわれ、肌細胞を劣化させる働きがあります。活性酸素を抑制するためには抗酸化を意識することがほうれい線とたるみ毛穴によいアンチエイジングケアのポイント。肌は皮脂や毛穴の汚れが酸化するとさらにたるみが進行する原因です。

そこでアンチエイジングの視点から始めるべき抗酸化ケアについていくつか覚えておきましょう。肌の老化は紫外線による活性酸素が原因の「光老化」が80%を占めているともいわれています。紫外線対策はほうれい線とたるみ毛穴の予防に欠かせない点なので、外出するときの日焼け止めは必ず使いましょう。

また喫煙、ストレス、睡眠不足も活性酸素が増える原因なので、これらの習慣も見直すことが大切。さらに抗酸化作用が高い栄養素であるビタミンEやビタミンCなどを食生活でプラスしたり、スキンケアで肌に与えることも重要です。

スキンケアと生活習慣の見直しを意識しよう

ほうれい線とたるみ毛穴を改善するためにはスキンケアで保湿をすることがまず重要ポイント。そして体のなかからアプローチする生活習慣の見直しについても心がけていきましょう。

肌年齢が気になる40代になるとスキンケアの効果を生かすためには、肌の働きを活性化する生活習慣が必要です。食生活の栄養バランスはもちろんですが、胃腸機能を活発にして栄養をしっかり全身に循環させることも忘れてはいけません。美容によい善玉菌が多く含まれたヨーグルトなどの発酵食品を食べる、また定期的な運動で肌力や体力をアップして活性酸素の対策を行うこともよいでしょう。

ほうれい線やたるみ毛穴を改善するためには肌の弾力を回復させることが重要なので、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を補うとともに、ハリ成分の生成を促進するように肌の働きを活性化させていきましょう。目では見えない皮下組織は生活習慣、紫外線などで酸化が進み、肌の老化がさらにスピードアップする原因なのです。

ほうれい線とたるみ毛穴には専用の化粧品がオススメ

ほうれい線やたるみ毛穴を改善するためには、乾燥や抗酸化ケアが欠かせません。肌にダイレクトに効果をもたらすものがアンチエイジングの化粧品。とくにほうれい線を消す化粧品はハリ成分や弾力成分を重視して配合していますので、普通の保湿化粧品を使うよりもさらにピンポイントのスキンケアが可能になります。

最近は色々なアンチエイジング化粧品が販売されていますよね。それぞれが美白やたるみケア、乾燥予防など特化した効果がありますので、ほうれい線とたるみ毛穴のケアにはリフト効果やハリ回復に良いタイプを選びましょう

そして肌の働きを根底から改善するためには保湿成分も忘れてはいけません。ほうれい線を消す化粧品の人気ランキングを参考にして、自分の肌の悩みに適したタイプを選んでくださいね。色々な原因が複雑に絡んだほうれい線。たるみ毛穴が目立つようになったら、アンチエイジングを始めるサインですよ。

コメントは受け付けていません。