ほうれい線改善にメリット!紫外線対策のオススメ方法

ほうれい線は紫外線による光老化の症状の一つで、年齢肌に見える一番の要因になっていますよね。30代のころはさほど気にならない頬のシワも、40代になるとはっきりとわかる人も増えてきます。年齢を重ねるとともにこのような老化症状は次から次へと表れてくるもの。でも「歳だから」といってあきらめてしまっては、実年齢よりもかなり老けてしまう原因になってしまいますよ。

ほうれい線は紫外線によるダメージによりさらに進行してしまいます。美肌の大敵となる紫外線ですが、皆さんはどのような対策を行っていますか。そこでほうれい線改善によい紫外線対策方法を詳しくご紹介したいと思います。

ほうれい線によい紫外線対策方法とは

  • 日焼け止めを使う
  • 美白化粧品を使う
  • 日差しが強い日にオススメのアイテム
  • 紫外線対策によい食べ物
  • ほうれい線を消す化粧品を使う

以上5つのポイントを見ていきましょう。

ほうれい線の悪化を防ぐには日焼け止めを使おう

ほうれい線は紫外線を浴びるとなぜ悪化してしまうのか、その理由は紫外線が角質層内でハリを作り出すコラーゲンやエラスチンなどの成分を破壊してしまうためです。さらに紫外線は体内で活性酸素を多く作りだすため、肌細胞が劣化してターンオーバーが乱れる原因。

また直接的なダメージとしてメラニン色素が活発になるので、シミやそばかすが増える原因にもなりますよね。紫外線対策は肌をやきたくない、という見た目の問題でなく体に与えるダメージのほうがとても深刻なのです。何年間も蓄積された紫外線のダメージは肌の老化が始まる年齢になると一気にあらわれてきますよ。

そこでまず私たちがすぐにできる紫外線対策が日焼け止めを使うこと。日焼け止めはSPFやPAといった数値が表示されていますが、この数値が高いほど紫外線のダメージを受けにくい効果があります。

日焼け止めは一種類でなく、様々なシーンで使い分けするとよいでしょう。レジャー、通勤、メイクの下地など使う場面によって日焼け止めの効果を使い分けることも大切です。

また日焼け止めは効果を持続させるために汗をかいた後などは、必ず塗りなおしをしてください。夏だけでなく一年間続けて使用したほうが、さらにほうれい線対策にもメリットになりますよ。

美白成分をプラスしたスキンケアでシミとくすみ予防

ほうれい線対策と紫外線予防は毎日欠かせないスキンケアのひとつ。ほうれい線が目立つ40代以降になると同時にシミや肌のくすみも気になりますよね。こんな年齢肌には美白成分を使うこともアンチエイジングとしてオススメです。

美白成分は強い効果が期待できるハイドロキノン、ビタミンC誘導体などがありますので、色素沈着などメラニン色素対策をしたい時にぜひプラスするとよいでしょう。美白化粧品は肌に刺激が強いこともありますので、必ずパッチテストやトライアル化粧品で最初に肌チェックしてくださいね。

シミを薄くするタイプ、新しいシミを作らない予防タイプなど色々な効果がありますので、目的に合わせて美白ケアを始めましょう。

日差しが強い時に使うとよいオススメのグッズ

ギラギラ太陽の光を浴びるような夏は、できれば外出しないことが一番ですがそういうわけにはいきませんよね。ほうれい線を悪化させないための紫外線対策は季節に合わせてグッズを使い分けることもコツのひとつです。

UV加工されたアイテムの日傘や帽子、カーディガンなどの洋服類などをフル活用してしっかり紫外線対策をしてください。曇り空でも私たちは知らない間に紫外線を浴びています。油断したときこそ肌にダメージが加わっていますので、屋外に出る場合は必ず紫外線対策を行ってくださいね。

紫外線は体内で活性酸素を発生させるだけでなく、肌のバリア機能を破壊して水分が蒸発しやすくなる原因です。かさつきやヒリヒリなどの症状を感じたらバリア機能が低下しているサインかもしれません。

イラスト+吹き出し見出し

肌が敏感になっている時は化粧品による刺激も負担になりますので、無添加や低刺激タイプの基礎化粧品を使ったほうがアンチエイジングにも有利ですよ。

紫外線対策に始めたい食生活のコツとは

ほうれい線によい紫外線対策は日焼け止めやスキンケアが欠かせませんが、さらにしっかり肌を守るためには内側からのケアも忘れてはいけません。紫外線を浴びて体内で増える活性酸素は抗酸化作用の高い食べ物で抑制することが可能です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは抗酸化物質としてアンチエイジングで大変注目されています。この3つの成分がバランスよく配合された食べ物は「トマト」。トマトは中サイズを2個食べればビタミンの1日目安摂取量の半分が補えるともいわれています。

またオリーブオイルやナッツ類などもアンチエイジングに大変効果がありますので、食生活にうまくプラスしたいですね。

野菜や果物は美容にとても良いことは皆さんご存知だと思います。ほうれい線によい紫外線対策としても積極的に野菜類はプラスしたいところですが、食べ物の栄養摂取は一度で美容効果が出るものではありません。しかし習慣的に肌の悩みに合わせて影響補給すれば将来的にメリットになりますし、健康促進としてもオススメです。

ほうれい線を消す化粧品を使ってスキンケアをしよう

ほうれい線の紫外線対策は日焼け止めを使い、さらに普段の保湿ケアが大切です。肌が乾燥しやすくなる30代、40代はスキンケアにじっくり時間をかけられないことも多いでしょう。だからこそ毎日使う化粧品は肌に必要な成分が配合されたものでないと意味がないのです。

ほうれい線を消す化粧品にはアンチエイジング成分が配合されていますので、活性酸素の働きを抑制し紫外線のダメージに強くなる肌細胞へと改善してくれます。また保湿成分は年齢とともに減少し、乾燥によるほうれい線が増える人も少なくありません。

年齢肌に良いセラミド、コラーゲン、ビタミンC誘導体など肌の働きに合わせた成分配合がされていますし、さらに浸透性が高いことも魅力。ほうれい線が目立つのは肌年齢の衰えのサインでもありますので、ナノ化成分を配合した化粧品で角質層の奥までしっかり美肌成分を届けましょう。

どの化粧品がいいのかわからないという方は、ほうれい線を消す化粧品ランキングを参考にして、最初はトライアルセットから使ってください。年齢肌はデリケートなお手入れが必要ですから、自分の肌と相性が合う化粧品選びを心がけてくださいね。

コメントは受け付けていません。