ほうれい線とたるみを同時に解決するすごい食べ物特集!

ほうれい線やたるみは鏡を見るたびにどんどん悪化しているような不安がありませんか。アンチエイジングの化粧品を使ってもすぐに効果がない時。このままではどんどん老け顔になりそうで、なんとか老化をストップさせたいと思うのはすべての女性の願いだと思います。肌は表面ばかりが気になりますが、大切なのは内側の細胞の働き。ほうれい線やたるみを改善する為には肌細胞の劣化を予防しないといけません。

ではそのために何ができるのか、女性の皆さんがアンチエイジングで注意すべきなのは毎日の食生活です。外側から栄養を与えながら、内側からも綺麗になる努力がほうれい線やたるみを改善する秘訣になりますよ。そこで肌年齢が気になる人にオススメのすごい食べ物をご紹介しましょう。

ほうれい線とたるみを改善する食べ物は

  • ココナッツオイル
  • 大豆食品
  • きゅうり
  • 鶏肉
  • パイナップル
  • チアシード
  • 肌の老化を加速させる食生活

以上6つの食べ物と注意ポイントについてみていきましょう。

塗っても食べてもよし!美肌の神様ココナッツオイル!

ほうれい線やたるみにとても効果があるのはマッサージ。年齢とともに衰える表情筋を刺激する効果や血行を改善して、肌の弾力を回復するメリットなどがありますよね。

マッサージをする時にぜひプラスしたいのがココナッツオイル。最近は美容オイルと呼ばれるオイル系がとても人気がありますが、ココナッツオイルは抗酸化作用の高いビタミンEを豊富に配合していますので、ターンオーバーを活性化して肌を若返らせる効果があります。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は肌のダメージを回復する働きも高いため、紫外線や乾燥により疲れた肌を元気にしてくれます。オイルなので水分をしっかり閉じ込める働きがありますので、乾燥しやすい時期には欠かせませんね。

さらにココナッツオイルはスキンケアだけでなく、食べ物としても万能。ドリンクに数的垂らして飲む、サラダにかけて食べる、もしくはオイルだけをスプーンですくってそのまま食べるなど。ココナッツオイルは脂肪燃焼を助ける働きがありますので、ダイエットのサポートとしても注目されていますよ。

大豆食品で女性ホルモンを活性化

ほうれい線やたるみが目立つ40代以降は、女性ホルモンの分泌が減少していますので体には色々な変化が訪れてきますよね。女性ホルモンは自律神経の働きを安定させたり、肌の働きや女性の健康にとても大切な役割を持っています。

肌の老化を遅くするには女性ホルモンを活発にする大豆食品がオススメ。大豆成分のイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしますので、年齢とともに不足するホルモンの働きをサポートしてくれます。大豆食品は豆腐、納豆、きなこなど健康的にもよい食べ物ばかり。また値段も安い食品が多いので毎日食べるのも苦になりませんよね。

とくに発酵食品の納豆は善玉菌の働きで胃腸環境を整え、大豆は食物繊維が豊富なので便秘にもメリット。カロリーが低い大豆食品はダイエット中にも積極的に食べたいものですから、合わせてアンチエイジングになるならぜひプラスすべき食べ物ですよね。

パックもできるきゅうりの美容効果とは

きゅうりはサラダや漬物で食べる機会が多い野菜。美容にメリットがあることは知らない人も多いでしょうね。きゅうりなんて栄養価がまったくない食べ物のように勘違いされる人もいるかもしれませんが、色々な栄養がバランスよく含まれた万能な食べ物。

きゅうりのカリウムはナトリウムを排泄する働きがあり、きゅうり100gに対して210㎎も含まれています。ナトリウムは体内に蓄積される余分な塩分で、しっかり体外に排出されるとむくみ改善になり肌へ栄養が届きやすくなります。またきゅうりはポリフェノールが多く含まれていますので、肌の新陳代謝を活発にしてアンチエイジングにはとてもメリット。抗酸化作用が高く真皮層からほうれい線とたるみ改善に働きかけてくれます

きゅうりはスライスしたものをパックとして使う人もいますよね。きゅうりは肌を鎮静させてビタミンCを与える作用があります。紫外線を浴びた後はきゅうりパックが保湿と美白にいいですよ。

鶏肉のコラーゲンで肌の弾力回復

ほうれい線やたるみはコラーゲン不足が原因。肌年齢が気になる40代以降になるとコラーゲンは赤ちゃんの時と比較すると半分以下に減るともいわれています。コラーゲンは食べ物から摂取するのは難しいのですが、なかでもオススメなのが鶏の手羽先。鶏鍋などでしっかり煮込んだスープにはコラーゲンがたっぷりで肌がプルプルになる効果が期待できますね。

また手羽先以外にも鶏の胸肉は脂肪が少なくとても質の高いタンパク質。筋肉を作る為に欠かせない栄養源として、たるみが気になる表情筋の回復にもメリットです。動物性タンパク質はカロリーが高くなるため、ダイエット中だとどうしても食べるのは抵抗になりますよね。しかし鶏肉なら脂肪が少なくとても質の高いタンパク質が摂取できるためオススメです。

疲労がたまりやすい年齢になると、肌の疲れもどんどん蓄積されてしまいますので、鶏肉でアンチエイジングを始めてみませんか。

パイナップルの抗酸化作用とビタミンの効果

パイナップルはスムージーで人気がある果物で、美容には絶大な効果を発揮するすごい食べ物なのです。ほうれい線やたるみを改善する保湿成分がたっぷりで、パイナップル特有の「パイナップルセラミド」と言う保湿成分が近年注目されていますよ。

この成分は肌のハリや弾力をだすもので、本来肌のなかに存在しているもの。年齢とともに減少する成分なので、パイナップルを食べれば保湿効果がアップするのです。またパイナップルには美白効果が高いビタミンCも多く、シミやくすみ改善にもメリット。通常のビタミンCのサプリメントよりも効果があるともいわれています。

さらにパイナップルは肌のターンオーバーを促進するのでアンチエイジングにもぴったりですし、にきびや乾燥肌など皮脂のコントロールを安定させる効果もあります。体内の老廃物を出すデトックス効果にも優れていますので、体のデトックスタイムである午前中にパイナップルを食べるとさらに効果が実感できるでしょう。

スーパーフードのチアシード!アンチエイジングのメリット

スーパーフードのブームで、色々な食べ物にトライしている方は多いと思います。なかでもチアシードはアンチエイジングには絶対にプラスしたい食べ物のひとつ。ほうれい線やたるみは体の内側からも働きかけないとしっかり効果がでませんよね。

チアシードには必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸が多く含まれ、身体の細胞の劣化を予防します。脂肪燃焼をサポートするためダイエットにも適しているといわれていますよね。ほうれい線やたるみは肌細胞が老化することが原因のひとつ。チアシードの抗酸化作用は紫外線などのダメージを受けた肌の回復にも効果があります。

またチアシードは寒天以上に食物繊維が多いといわれ便秘の解消にもよし。体のなかから綺麗になると肌も自然と若返り免疫力もアップしていきますよ。チアシードはスプーン1杯程度を水に漬け膨張したところをそのまま飲むか食べるだけ。満腹感もあるのでダイエット中の方にもオススメです。

老化を早めるこんな食生活をやってる人は要注意

気が付かないで毎日食べているものには、肌を老化させてしまうものがあります。まずは糖質。糖分が多い炭酸飲料は肌の老化を進めるもので、人工甘味料を使ったダイエットドリンクも同じ。またスイーツ系も脂質と糖質を一緒に摂取してしまうので食べ過ぎには注意しましょう。

そして揚げもの類も肌のコラーゲンを破壊する原因になりますので、できるだけ油っぽい食べ物は避けてください。脂質や糖質は肥満の原因にもなるので、ほうれい線やたるみが気になる人は中年太りを予防するためにも食べ過ぎに要注意しましょう。

またコーヒーやお酒も習慣になっている人がいると思いますが、どちらも肌の水分が奪われる原因。乾燥は肌のバリア機能が低下して角質層から水分がどんどん逃げてしまいます。ほうれい線やたるみは改善効果がある食べ物だけでなく、逆効果となる食べ物にも要注意して健康な食生活を意識してくださいね。

コメントは受け付けていません。