ほうれい線は美容クリニックで消すことができる?方法と特徴を解説

ほうれい線を化粧品で解消するには時間がかかります。年齢とともに気になる症状はシワ、シミなど色々ありますよね。美容外科クリニックでは整形治療のひとつとしてほうれい線を改善する方法がいくつか行われていますので、どのような方法があるのか見ていきたいと思います。クリニックで施術を受けると効果が早い点がメリットですが、デメリットになる面もありますので、気軽に決断する前に正しくそれぞれの特徴を理解しておかないといけませんね。

PRP皮膚再生療法

美容クリニックではあらゆる施術方法でアンチエイジングをすることができますが、ほうれい線は多くの人が抱える悩みの一つで思いきってクリニックで施術を受ける方も少なくありません。最新の技術のひとつとして人気を集めているのは「PRP皮膚再生療法」と呼ばれるもので、メスを使わない注入だけのアンチエイジング方法です。

この方法は自分の血液の血小板を含む血漿を血液から分離して注入するもので、細かいちりめんジワやニキビ跡のクレーター状の凹凸を治す効果などもあります。注入は1回だけなので通院する手間がなく忙しい人にも便利な方法ですね。

自分の血液を使いますので肌細胞に働きかけるまでには時間がかかり、平均すると2~3か月ほど経過しないと効果が表れないというデメリットがあります。ほうれい線や目じりのたるみ、クマ、シワの対策方法として注目されている施術方法です。

ヒアルロン酸注入

ほうれい線を治す方法としてお馴染みなのがヒアルロン酸注入。そもそも加齢により肌の弾力をつくる成分は徐々に減少してしまいますので、化粧品で補うケアがアンチエイジングには欠かせません。でも自分の肌に合わないものや成分がしっかり配合されていない化粧品だと、ほうれい線の改善効果はあまり期待できないですよね。

はっきりとわかるほどのほうれい線を解消するためには、ヒアルロン酸を直接注入する方法がメリットになります。ほうれい線は個人差があり軽いものから深く刻まれたもので様々ですが、ヒアルロン酸注入は量を調整できるためきめ細かく対応できる点が魅力です。

そもそもヒアルロン酸は人間の体内に存在するコラーゲンのひとつで、肌の水分を保持したり関節の柔軟性をアップする働きなども持っています。ヒアルロン酸注入は効果が永久ではなく、半年~2年ほどしか持続しない点がデメリットですね。

美容クリニックでほうれい線を治す際の注意点

美容クリニックの施術内容によってはすぐに効果がないものや、持続しない種類などもあります。そしてなによりもコストが高く肌に負担がかかる可能性もありますし、失敗するリスクもありますよね。

ほうれい線が目立たなくなると見た目年齢が若返りコンプレックスがなくなる利点がありますが、どのような方法で改善するかは自分の判断次第です。

年齢肌はバリア機能も弱く肌細胞自体の働きがどんどん低下していますので、肌の基礎的な力を強化するためには、毎日コツコツとスキンケアを続けることがないよりも大切なポイント。ほうれい線を消す化粧品を使って頑張ってお手入れすることが、安心して効果を期待できる方法といえるでしょう。美容クリニックに行く場合は必ずカウンセリングを受けてメリットとデメリットを理解することが重要ですよ。

コメントは受け付けていません。