50代のほうれい線化粧品は少し贅沢を意識しよう!

50代のほうれい線は個人差がありますが、ほとんどの方ははっきりと見てわかるほど溝が深くなっていきます。肌の老化はさらに進行にしますので、50代のほうれい線対策では予防よりも悪化させない点にターゲットを置きましょう。

50代になると更年期の症状が辛く肌環境もとても不安定になっています。あらゆるストレスを抱えやすい状況なので、せめてスキンケアだけでは満足して続けたいですよね。複雑な肌の働きをしている50代。毎日使う化粧品はすこし質にもこだわってみましょう。

では早速ですが、50代のほうれい線対策によい化粧品についてみていきたいと思います。

50代のほうれい線対策は

  • しっかり保湿
  • トータル的なアンチエイジング
  • 浸透性にこだわる
  • 良質な化粧品を選ぶ
  • ホルモンバランス
  • 睡眠時間が大切
  • ほうれい線によい顔の筋トレ

以上7つのポイントについて見ていきましょう。

50代のほうれい線化粧品はしっかり保湿できるもの

20代の肌は皮脂線が活発で肌がべたつくほど皮脂が多い肌の人もいますが、50代になるとオイリー肌の悩みは少なく逆に皮脂量が減ってしまうため乾燥対策がメインになってきます。40代のほうれい線化粧品のままでは水分量が不足する人も多いでしょう。

女性は閉経を迎える50歳前後から更年期と呼ばれ体に感じる様々な症状やメンタル面でのトラブルなど、色々な変化を体験しています。この年代は女性ホルモンの分泌が急激に減少するため肌の内側の水分や油分が不足してしまいます。40代で安定していた肌も50代に入った途端急にかさつく、シワができやすい、たるみが悪化するといった悩みが増えてきますよね。

このような肌の変化はホルモンバランスによる影響が多く、年齢に合わせて必要な成分を肌に補うことが大切なのです。とくにスキンケアで欠かせない保湿は水分と油部分の両方から補うことが欠かせませんので、50代のほうれい線化粧品はライン使いすることも方法のひとつですよ。

トータル的なアンチエイジングを始めよう

50代の肌の悩みで多いのはまずほうれい線がありますが、ほかにもくすみ、シワ、シミ、たるみなど徐々にトラブル箇所がはっきりと見てわかるようになります。この年代になると今までのアンチエイジングケアの差がでるため、見た目年齢も個人差がはっきりしてきますよね。50代のスキンケアで悩むのはどこから手を付けていいのか決められないこと。

そこでオススメしたいのはトータル的にできるアンチエイジング化粧品です。ということは化粧水だけ、乳液だけという偏ったスキンケアでは肌に効果をもたらしませんので、必ず水分と油分、そして気になるポイントケアを同時に行いましょう

角質層内の水分は30代ぐらいまでは皮脂によりしっかり閉じ込められているのですが、50代になるとどんどん水分が逃げている状態。これをしっかり閉じ込めるためには皮脂の分泌量を活性化することが大切になります。

50代はホルモンの分泌量も減る年代なので、自然な皮脂で肌を守ることが十分ではなくなります。そんなうるおい不足の肌にはしっかり水分を補って逃がさないように、フタをする役割をプラスしないといけません。

浸透性がよい化粧品で肌の奥に成分を届けること

50代はアンチエイジングは絶対に欠かせません。肌の水分を補うためには角質層の奥まで届く浸透性の高い成分がオススメ。ビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの美肌成分をバランスよく配合したほうれい線化粧品を使いましょう。

また洗顔後すぐに化粧水をつけてもしっかり吸収されない悩みを抱える人も多いので、導入美容液や先行美容液を使い保湿効果を促進することもオススメです。これらの美容液は最後に使うのでなく洗顔後に肌につけて美容成分の浸透を助ける役目がありますので、さらにしっとり感も出やすくなるメリットがありますよ。

同じ化粧水も肌年齢によって浸透性が低下するため、うまく馴染まないと感じたら化粧品を見直すチャンス。表面だけ濡らしても年齢肌には意味がありませんからね。

値段よりも良質な化粧品を選ぶことが大切

50代になると子育てもひと段落して、経済的にも少し余裕がでてくるかもしれません。今まではできるだけ化粧品代を節約するために、安い商品を中心に選んでいた人も多いでしょう。50代になるとセルフケアがとても意味を持ってきますので化粧品選びも値段よりも使いたいものを選ぶことが大切です。

アンチエイジングコスメはとても高額な商品もありますが、質を高めることが年齢に合ったケアのポイント。定期購入などを利用してお得に継続するのもよいでしょう。また今までは予算に合わずに揃えられなかったラインシリーズも、50代になるとすこしアイテムを増やせるかもしれませんね。

たっぷり使えるお得な化粧品よりも、クオリティの高いアンチエイジング化粧品で気になるトラブル対策をスタートしてくださいね。

ホルモンバランスを整えて肌環境を安定させる方法

50代からのスキンケアのコツは不安定になるホルモンの働きを安定させることがポイントです。まず大切なのは毎日の睡眠。更年期を迎えると睡眠不足になる人も多く、肌の老化がさらに進む原因です。

50代は夫の定年や子供の独立、自分の健康などあらゆる悩みも増えてくるため、精神的なストレスを感じることが多くなるでしょう。すると睡眠障害を招く可能性もあり、同時に肌にとってもダメージが重なる原因。ゆっくり入浴をして体の疲労を取り、早寝早起きの生活リズムを整えましょう。

また運動不足の人は家の中でもできる簡単なストレッチなどをプラスして、血行の改善、代謝アップをしてください。化粧品の効果を引き出すためには、肌の細胞の働きが活発であることが条件。そのためには皮膚表面だけでなく、体の内側からもアンチエイジングにメリットになることを積極的に始めてください。

更年期で体の老化を感じる年代ですが、さらにイキイキ生活するためにも毎日のお肌のお手入れを楽しみながら続けてることが、ミドルエイジを過ごす女性の魅力へつながりますよ。

コメントは受け付けていません。