40代のほうれい線化粧品はランキングで慎重に選ぼう!

肌の老化がはっきりわかるようになる40代。ほうれい線の溝が深くなり見た目年齢の差がついてくる時期ですよね。30代からアンチエイジングをしっかり行っている人もいれば、40代から慌てて肌の老化を心配する人もいるでしょう。

ほうれい線は老け顔に見えるトラブルのひとつ。40代ではどのような化粧品を使うべきか、人気ランキングから選ぶコツについてみていきたいと思います。40代のほうれい線は正しくお手入れしないとほかの老化症状にも悪影響になりますので、まずは肌の悩みを理解してなにが必要なのか正しく判断しましょう。

40代のほうれい線化粧品選びは

  • こまめな肌チェック
  • 40代の肌の特徴
  • 不足する美容成分
  • 美白ケア
  • 紫外線対策
  • 抗酸化対策によい美容成分
  • 肌の老化原因になる生活習慣

以上7つの点を見ていきましょう。

40代になったら毎日こまめな肌チェックをしよう

40代になると忙しくてついスキンケアも手抜きしてしまうことが増えてきます。洗顔後は化粧水だけで保湿をしてすぐにメイク。これでは肌の状態をチェックする暇がありませんよね。保湿ばかりを意識していると肌がしっとりしていればそれで安心なんてことにもなりかねません。

40代はほうれい線がかなり目立ちはじめるため、それ以外の症状をつい見落としてしまう場合もあります。しわ、シミ、乾燥、たるみは40代に多い肌のトラブルなので毎日こまめな肌チェックをしてくださいね。

体の老化と同じく肌も徐々に20代の時のような元気がなくなってしまいます。肌の水分量が激減するため保湿はまず欠かせないポイント。肌がしっとりしていても細かい老化があちこちで起こっていますので、悩みに合わせたスキンケア、年齢がでやすいポイントケアなどを意識しましょう。

細かいシワも40代から正しくお手入れしないとどんどん深く刻まれてしまいますよ。

40代の肌は30代となにが違う?

30代から40代になると多くの方が肌の違いに気が付くと思いますが、一番気になるのは肌年齢がはっきり目に見えるようになることですよね。

肌の働きは女性ホルモンと大切な関係があり、40代以降はホルモンの分泌が減少していくため肌の老化が進みやすい状態。ハリがない、たるみやすい、といった症状はほとんどの方が体験するでしょうね。

肌の弾力や潤いを保つ成分、コラーゲンやヒアルロン酸は40代になると20代のピーク時期の半分程度まで減ってしまいます。肌の働きが低下するため自ら作り出す機能が弱くなっています。

コラーゲンは肌の弾力を作りだすもので、不足するとほうれい線が悪化する原因。さらに同様に足りなくなるヒアルロン酸は角質層で水分を保持する大切な役割をしていますので乾燥肌になる原因です。

40代のほうれい線対策は同時に肌の老化を改善するためにもメリットになりますので、肌の弾力とハリ回復に向けたお手入れが大切。そこで忘れてはいけないのが、年齢とともに不足する美容成分を化粧品で補うことなのです。

美白ケアで見た目年齢を若くしよう

年齢とともに衰える肌のターンオーバーですが、40代は通常28日周期が乱れはじめ長い場合は40日近くかかることもあります。シミや肌のくすみがなかなか消えないのはターンオーバーが低下しているため。加齢により衰えた肌の働きを活性化するにはとても時間がかかりますので、見た年齢を効率的に若がえらせるには美白ケアをプラスしましょう。

体内で発生する活性酸素はメラニン色素を多く作り出す原因です。シミやくすみが増えてくると一気に老け顔に見えてしまいますよね。美白化粧品は目立つシミやくすみ改善にとても効果があり、メラニン色素の働きを抑制し、新たなシミを作らせない働きがあります。すでにある濃いシミはハイドロキノンなどの美白有効成分がとても効果がありますので、肌に合わせて美白ケアをするとよいでしょう。

ターンオーバーが乱れると古い角質がきれいにはがれずに残ってしまい、それがくすみの原因になっています。40代は色素沈着が進みやすい肌環境がありますので、透明感をアップするためにも美白成分をプラスしていくと安心ですね。

毎日の紫外線対策を忘れないこと

40代のほうれい線化粧品を使う際は普段の紫外線対策も忘れずに行いましょう。肌の老化は加齢だけでなく様々な要因がありますので、できるだけ負担になるものを除外することが大切です。

とくに注意したい紫外線は40代の肌の大敵になりますので、これ以上負担をかけないように毎日対策をしっかり行うことが必要です。

長時間外出するときは日焼け止めを使うこと。効果が強いタイプだと肌に負担になりますので、SPF15程度ものが安心ですね。日焼け止めはたっぷり塗らないと効果を発揮しないため、ローションタイプなら500円玉ぐらいの大きさの量を使うことがオススメ。また汗をかく季節は必ず塗りなおしをしてしっかり紫外線をブロックしましょう。

40代は加齢により活性酸素が多く作られていますが、紫外線を浴びるとさらに量が増えてしまいます。また肌のバリア機能が低下する原因にもなりますので、曇り空でも日焼け止めの使用は忘れないでくださいね。バリア機能が低下するとせっかく肌に補った美容成分も外に逃げてしまいます。化粧品の効果が少ないと感じるときは紫外線対策をプラスして、バリア機能を活性化するといいですよ。

抗酸化対策によい美容成分

40代のほうれい線化粧品選びで意識したいのが抗酸化作用の高い成分。体内で発生する活性酸素は肌の老化の大きな原因となり、アンチエイジングでは活性酸素をターゲットにした美容成分が欠かせません

体にはもともと備わった抗酸化作用がありますが、年齢ともに衰えていくためスキンケアでは抗酸化成分を含む基礎化粧品を使うことが必要になります。

とくに40代は老化スピードもグンと加速するので細胞レベルでのスキンケアが大切です。ではほうれい線化粧品を選ぶ際に意識したい成分ですが、まず人気の高い「ビタミンC誘導体」があります。

なぜこの成分がアンチエイジングに必要なのかというと、メラニン色素の生成を防ぎシミやくすみを予防・改善する働きがあります。

また活性酸素を抑制する抗酸化作用も高いため、肌細胞の働きを活性化してくれるのです。さらにビタミンC誘導体は肌の新陳代謝を促しいつまでも若く肌年齢をキープする効果もありますので、40代のほうれい線化粧品選びではぜひ意識したいですね。

活性酸素は肌の老化だけでなく、白髪が増える、免疫力が低下するといった悪影響もありますので、いつまでもハリのある生活を送るためにも注意したいポイントですね。

肌が敏感になるのも加齢のせい?

若い時は肌質なんて気にしたことがないほど元気でも、年齢とともに肌荒れしやすくなったり乾燥しやすくなります。40代以降の肌意識の調査では62%の人が肌が敏感になったと答えています。

敏感肌になるほど乾燥や肌の老化を実感しやすくなりますので、アンチエイジングをするためにはデリケートなケアが欠かせないのです。

化粧品を変えたら肌に赤みがでる、ひりひりする、乾燥するという症状はきっと皆さん経験があるでしょう。40代のほうれい線対策も効果ばかりを意識すると肌に負担がかかることもありますので、敏感肌でも安心できる化粧品選びがオススメです。

40代はバリア機能が低下していますので、化粧品に含まれるアルコール、界面活性剤、香料、色素などの添加物は確実に肌の働きを低下させる原因になります。添加物が配合された化粧水をつけても全く違和感がない人もいると思いますが、体感しなくてもダメージは毎日蓄積されてしまいます。

デリケートな化粧品を選ぶにはまずトライアルセットでチェックをしてみましょう。肌に合うもののなかからさらに選択して満足できるほうれい線対策が安心ですね。

肌の老化原因になる生活習慣とは?

肌の老化は加齢が一番の原因ですが、同じ年齢でも見た目が若い人っていますよね。それは化粧品の違いが大きなポイントになり、さらに生活習慣によりスキンケアの効果を引き出しているかどうかが大切な点なのです。

40代は仕事や家事、子育てなど様々なストレスを感じながら生活をしています。ストレスは自律神経の働きを不安定にするため皮脂線の働きが悪くなり、乾燥肌になる要因なのです。

化粧品選びは肌に直接的な影響を与えるのでまずは注意したい部分。さらに生活習慣もアンチエイジングを意識し、とくにストレスに関しては普段の生活の中で運動したり、趣味の時間を過ごすなどリラックスすることが大切です。

悩み事を抱えたままでは睡眠不足になってしまい、さらに肌にはダメージがかかってしまいますよね。そこで40代から始めたいのはストレス解消になるスキンケアです。入浴後のマッサージ、パックなどのんびり肌のお手入れができる生活習慣こそ、ストレスが多い40代女性にとって至福の時間。リラックスしながらスキンケアをすれば美容成分もしっかり浸透されるでしょう。

快適なお手入れにプラスしたい化粧品はぜひ人気ランキングを参考にして比較してください。

コメントは受け付けていません。