30代のほうれい線対策の化粧品は将来の肌に向けた準備期間

30代はほうれい線化粧品をそろそろ買い替える時期ではありますが、さほど肌の老化が気にならない人も多く「まだアンチエイジングなんて」と考える人もいるでしょう。でもここが将来の肌にどんなメリットを与えるか勝負どころ。30代でほうれい線が目立たない肌も、見えないところですでに老化が始まっていますよ。

20代の頃から使っている化粧品では不足することが色々と出てくる肌年齢なので、どんなスキンケアを意識するべきか、30代のほうれい線対策の秘訣と化粧品の選び方についてみていきたいと思います。人気ランキングで紹介される化粧品、どれがいいか迷った時にぜひ参考にしてくださいね。

30代のほうれい線化粧品選びとは

  • 30代の肌で起こっていること
  • 30代に多い肌の悩み
  • 20代の化粧品だとダメな理由
  • 毛穴対策
  • 化粧品選びのコツ
  • 続けやすい価格
  • ほうれい線予防

以上7つの点を詳しく見ていきましょう。

30代の肌で起こっていることについて

肌の老化は症状がはっきりわかるようになる前から見えないところで徐々に始まっています。年齢でいうと25歳を過ぎた頃から老化がスタートするといわれていますので、30代になったらそろそろほうれい線対策をはじめとしたアンチエイジングは意識しないといけません。

でも多くの人が肌の老化についてそれほど深刻に受け止めていないですよね。30代になると20代のように肌の回復がスピーディでない点が大きな違い。一晩寝れば朝ピンと肌が張ってるなんてことが少なくなってきます。それは間違いなく肌の老化が進んでいる証拠で、人によっては一気に老け顔になってしまう人もいます。

30代はライフスタイルでもいろいろな変化を迎える時。結婚、出産を経験する人も多くなりストレスによるホルモンの変化、仕事や育児、家事の疲れが急にたまる年代です。体の疲労がたまると必然的にお疲れ顔になってしまうのは仕方がありませんよね。だからこそ少しの肌の変化も見逃してはいけないのです。

30代は40代、50代に向けた準備期間。将来差をつけるには今年齢に合ったほうれい線化粧品を使うことが大切なのです。

30代になると増える肌の悩みについて

30代からほうれい線化粧品を使うべきかどうか、ランキング商品を見てもピンとこないかもしれません。しかし現実には30代になるとあらゆる肌のトラブルが起こりはじめますので、皆さんはどのような悩みがあるのか見ていきましょう。

まずはシミ。はじめはそばかすだと思って放置している人もいるかもしれませんが、年齢とともに徐々に濃くなり30代になるとシミの数が増えてきます。20代の頃にたくさん浴びた紫外線により、予備軍として待機していたシミがどんどん皮膚の表面に出てきてしまうのです。

とくに喫煙の習慣がある人、年齢肌に合っていない化粧品を使う人はシミが出やすい状態。このままでは薄いシミが色素沈着を起こしてほくろのように見えてしまいますよ。

そして多い悩みがたるみ。ほうれい線のようにくっきりと溝がでるほどのたるみはありませんが、何となくフェイスラインがぼやけてきたなんて感じることがあるでしょう。顔のむくみも気になりここでしっかりアンチエイジングを始めないとたるみは加速していく一方。ほかにも皮膚が薄い目尻や乾燥しやすい口元の小じわも徐々に目立ってきます。

20代の化粧品から30代のほうれい線化粧品に変える時期

スキンケアは保湿がキーポイントになりますので、20代から基礎化粧品に保湿効果を求める人は多いと思います。30代も引き続き保湿は欠かせない点ですが、注意したいのは肌タイプに関係なく30代以降は肌が乾燥しやすくなること。

オイリータイプなのでさっぱり化粧品を使うという20代の人はとても多いでしょう。30代以降も肌タイプによって使いやすい化粧品を選ぶ点は大切ですが、皮脂のバランスは皆さん不安定になるため、保湿はまず意識するべきポイントです。

また20代で使っている化粧品は肌の表面をしっかり潤すタイプでも効果を感じていたと思いますが、肌の老化が進む30代は角質層の奥まで浸透させないと化粧品の効果が感じられなくなってしまいます。化粧水だけでもOK、という人はそろそろ乳液やクリームなどプラスしてしっかり保湿ケアをしましょう。

では30代のほうれい線化粧品はいつになったら使うべきなのか。化粧品を買い替えるタイミングは肌の変化を少しでも感じた時がベスト。30歳になったと同時に無理に変える必要はありませんが、スキンケアを見直す年齢であることは覚えておいてくださいね。

30代は毛穴対策をはじめよう

30代になると肌のたるみが徐々に気になりはじめます。そのサインは毛穴の開き。洗顔とクレンジングをがんばってもどうしても毛穴の黒ずみが残ると、それは肌のたるみと一緒に毛穴が下に下がっている証拠。また皮脂分泌も不安定になりますので、毛穴に汚れが溜まりやすく大人ニキビが20代から引き続きできる人もいるでしょう。毛穴が最も目立つは30代前半ともいわれていますので、毛穴レスの肌にすることが美肌作りのポイントといえますね。

毛穴の汚れは皮脂、古い角質などが詰まったもので毎日の洗顔がポイントになります。たっぷり石鹸の泡を使った洗顔で汚れを取り、最後は保湿を引き締め化粧水が必要。また年齢とともに肌の表面が硬化してくるので、角質ケアによい美容液を使って代謝を促進するとよいでしょう。

30代のほうれい線化粧品はランキングを見るとリフトケアに適したタイプも色々あります。毛穴の汚れは肌全体をリフトすれば開きが目立たなくなりますので、汚れも入りにくくなりくすみの悩みも改善しますよ。毛穴パックなど肌に負担をかけるケアよりも肌の働きを活性化する点を意識してください。

30代のほうれい線化粧品はどんな点を意識するべきか

年代別にオススメされている化粧品がいろいろありますよね。でも実際に選ぶとなるとどれがいいのか難しくて困ってしまいます。30代の肌はそろそろアンチエイジングが必要な年代なので、肌の老化を改善するよりも予防ケアを意識するとよいでしょう。

まず、20代の化粧品では不足しがちな保湿成分をチェックすること。ヒアルロン酸やコラーゲンなどのうるおい成分はまず欠かせないものですが、ほうれい線の予防をするためには肌のハリを維持することが大切。そのためには弾力を作るコラーゲン生成をサポートするビタミンC誘導体を補うこともよいでしょう。

保湿成分や有効成分はそれぞれが水溶性、油溶性など特化した特徴がありますので、30代以降は化粧水で水分を補うだけでなく必ず油成分もプラスしてしっかり水分を肌に閉じ込めてください。

また30代のライフスタイルに合わせて使いやすい化粧品、例えば忙しい人ならオールインワン化粧品を使うなど効率的なアンチエイジングをすることも大切ですね。

続けやすい価格の化粧品を選ぶポイント

30代は育児や仕事などとても忙しい生活が毎日続きます。化粧品代もできれば節約したいところですが、安いコスメで肌のトラブルになることはまず避けたい点。化粧品の有効成分の働きはターンオーバーに合わせて実感できるものですから、肌の代謝サイクルの途中でやめてしまっては意味がありませんよね。

化粧品は最低でも3か月間は同じものを使うこと。肌に合うものは長期間継続使用するのが理想なので、コスパも気になる点ですよね。ほうれい線化粧品のランキングでは価格帯も様々ありますが、続けやすく購入するには定期便などを利用するのもよいでしょう。新規で購入する場合は特別価格で提供されていることもありますし、人気の高いトライアルセットで最初にチェックするのもオススメです。

良い化粧品、高価な美容成分が配合されているものを選ぶことが大切ですが、化粧水や乳液は毎日使うので使用量も多くなります。予算に合わせてお財布に優しい価格帯であるかどうかも必ず意識して選んでくださいね。

30代のほうれい線予防は食生活が大切

30代はつい若い時のように暴飲暴食をすることもあるでしょう。揚げ物やスナック菓子などもつい食べてしまう年代。とくに注意したい油の多い食べ物で、体の細胞をさせる原因になり活性酸素が増えるとコラーゲンなどの美肌成分にもダメージを与えてしまいます。肌細胞の酸化はほうれい線が目立つ原因にもなりますので、食生活では野菜などのビタミン類を意識するとよいでしょう。

また30代は出産後に無理なダイエットをする人も少なくありません。急激な食事制限は血管やリンパの流れにも悪影響になり表情筋の筋力が低下する要因になってしまいます。

体型が気になる30代、体に無理をせず運動をプラスして栄養バランスを整えましょう。育児で忙しい時でも慌てて食事をしないこと。ゆっくり噛んで食べれば満足感も増えて食べ過ぎ予防になりますよ。どうしても栄養バランスが不安な場合は美容サプリメントをプラスして肌に不足しやすい栄養分を補給することも方法のひとつ。ほうれい線予防はマッサージだけでなく体の内側からもしっかりお手入れしましょう。

コメントは受け付けていません。