ほうれい線が赤いのはなぜ?原因とセルフケアのポイント

ほうれい線に沿って赤い色があると溝がさらに目立つ原因になります。ほうれい線は年齢肌の象徴でもあり、乾燥が原因でさらに浅い溝もはっきりしてしまいますよね。もしほうれい線に赤い線ができてしまったときは、セルフケアでどんな点を注意したらよいのでしょうか。

ほうれい線が赤いのはなぜ?

ほうれい線が赤い線のようになるのは、乾燥が一番の原因です。さらに毛細血管の炎症により皮膚の表面に赤い線のように見えることもあり、これは肌に合わないスキンケア、ホルモンの乱れ、生活習慣などが影響しています。

胃腸の調子が悪い時って湿疹や吹き出物ができやすくなりますよね。栄養がしっかり消化吸収されないと、肌の血行不良を起こし免疫不足となり肌に炎症となって現れる場合があるのです。

また乾燥以外にも夏場の強い紫外線によりほうれい線が赤い線となることもありますし、刺激によってメラニン色素が活発になることも考えられます。ただでさえほうれい線があると恥ずかしいのに赤い線がくっきりついてしまったら、鏡をみるのも憂鬱になりますよね。

セルフケアは低刺激のスキンケアがポイント

ほうれい線が赤い時は様々な原因が考えられます。肌の表面では炎症やしっしんを起こしている場合が多いため、まずはバリア機能を強化するためにデリケートな保湿を行いましょう。

ほうれい線を消す化粧品には無添加タイプも多いので、アンチエイジングも同時に行えますし加齢による敏感肌にもメリットがあります。ほうれい線の赤い線をなにもせず放っておくと、白ニキビや赤ニキビができる可能性もありますので、皮脂バランスを整えて肌のコンディションを安定させることがまず最初。

クレンジング、洗顔、保湿の基礎ケアはできるだけ肌を摩擦しないように優しく行ってくださいね。

添加物配合の化粧品は注意して!

ほうれい線が赤いのは意外なところで化粧品の刺激が原因の場合もありますよ。アンチエイジング化粧品は効果ばかりが気になって、肌との相性よりも化粧品の人気や口コミだけで選んでしまう人もいますよね。

肌の赤み原因となる添加物には鉱物油、着色料、香料、パラベン、アルコールなどがあります。なるべアンチエイジング化粧品はトライアルセットでお試しをしてから購入することがオススメです。

敏感肌でも使用できる商品や肌の血行改善に良いタイプなど、ほうれい線に関する悩み解決に最も適切なスキンケアを行ってください。年齢を重ねるごとに肌の抵抗力も弱くなってしまいますので、化粧品選びはとくに慎重にならないといけませんね。

コメントは受け付けていません。