敏感肌のスキンケアで知っておきたい16の大切なこと

敏感肌のスキンケアって何をどうやって使うべきか困ってしまいますよね。近年食生活の乱れやストレスなど、肌を美しく健康的に保つのはとても大変なこと。生まれつき肌が敏感な人はとくにスキンケアには気を使いますよね。

そこで早速ですが、敏感肌のスキンケアで知っておくべき16のポイントについて早速ご説明したいと思います。肌が敏感でも輝く美しい肌は可能、そのためには敏感肌が注意すべきことを頭に入れて毎日スキンケアを続けないといけませんよ。

敏感肌は化粧品選びを慎重に!

敏感肌は保湿やアンチエイジングなど、商品で宣伝している効果を発揮する成分がすべて肌にあうとは限りません。大切なのは敏感肌のスキンケアは化粧品を買う際に肌に刺激になる成分を避けること。テスターやトライアル化粧品を使って肌チェックをすること、合わない時は返金制度があるかなど、失敗しない購入方法を選びましょう。

48時間肌テストをする

化粧品の成分は少量でも短時間でも刺激が強いものならすぐに肌が反応しますが、低刺激のものだとしばらく時間が経過してからヒリヒリ感がなどを実感する場合もあります。メイクのように朝から晩まで肌に付着していると負担が多くなりますので、基礎化粧品も同様に48時間の肌チェックをしてみましょう。

顔につけて赤みが残らないように、肌チェックするときは腕の内側など柔らかい部分につけて2日ほど放置しておきます。なにも変化が起こらなければ安心。いきなり顔につけて使用する前に48時間の肌チェックをやってから判断しましょう。

保湿をする

保湿はどの肌タイプにも共通する大切なスキンケア。とくに敏感肌の場合はバリア機能が弱いのでたっぷり保湿をしないといけません。大手のメーカーからは敏感肌用の保湿化粧品が販売されていますし、無添加化粧品やオーガニックなども人気がありますよね。肌に優しい保湿化粧品でも敏感肌に特化したものを選び、どれが自分の肌環境に合っているか比較してくださいね。

紫外線対策を忘れずに

紫外線はシミやそばかすの原因になりますので、外出するときは必ず日焼け止めを使用してください。敏感肌のスキンケアでは肌に加わる刺激をいかに減らすかとても大切なポイントになり、とくに紫外線は肌細胞の劣化を進めるためできるだけ肌に浴びないほうが安全です。SPFは高めのもの、屋外にいるときはなるべく日陰を探して移動するように心がけてください。

食生活に注意する

肌を健康的に輝かせるためには食べ物からの栄養摂取がとても大切です。敏感肌は水分不足になりやすく食べ物で細胞を活発にして保水力を高めることが改善策のひとつ。食物繊維やビタミンなどは老廃物を体外へ排出する働きがありますので、敏感肌は保湿を意識しながら肌を丈夫にする栄養バランスを意識してください。とくに水分摂取は血液の流れを活発にしますので炭酸飲料やカフェインなどを除いて水分不足にならないように摂取してください。

正しく洗顔する

洗顔は汚れや皮脂を洗い流すものですが、敏感肌はいくつかの注意点を守らないと逆に乾燥が進んでしまう可能性があります。洗顔するときは手のひらにたっぷりと泡をつくり顔に押し付けるように洗いましょう。洗顔料は保湿成分が配合されたもので、洗浄力よりもうるおい効果を意識して選んでくださいね。洗顔するときは摩擦しないように注意してタオルで顔をふく時も綺麗なタオルを使い雑菌に注意しましょう。

目の周辺のケアを行うこと

敏感肌のスキンケアは顔全体とさらに目の周辺を意識して保湿を行います。目の周りは皮膚が薄く保水力が弱いため乾燥しやすい特徴があります。肌が乾燥するとシワができやすくなるため、敏感肌のアンチエイジングは目の周りをとくに意識して保湿しましょう。化粧水なら重ねつけすること、アイクリームや美容液を使ってポイントケアをすることも必要ですね。

生活習慣に気を付けよう

生活習慣では水分不足、喫煙、飲酒、ストレスなども肌の働きを不安定にする要因になりますので、敏感肌はとくに注意しましょう。一日で肌に悪影響が出るワケではありませんが、習慣的に続けると肌に悪いことは敏感肌以上の深刻なトラブルに進展する可能性もあるので注意してくださいね。

シートタイプのスキンケアは注意しよう

クレジング剤が含まれたシートタイプは摩擦をするため、便利でもなるべく使用は控えてください。敏感肌はなるべく自分の手のひらや指を使ってデリケートに扱うことがコツですよ。

顔と一緒にボディケアも

敏感肌は腕や足なども顔と同様に敏感で乾燥しやすい点が共通しています。顔のお手入れと一緒にボディケアも意識して全身保湿を始めましょう。ボディの肌も健康になるともっと自信がわいて表情も魅力的になりますよ。

メイクグッズは注意して選ぼう

ファンデーションは一日肌をカバーしているため、少しの刺激でも時間が経つとかなりのダメージになることも。また毛穴の詰まりが激しくなると角栓ができふきでものやニキビ原因になることもありますよね。

アンチエイジングをはじめる年齢肌になると毛穴が開きやすくなり汚れが溜まってしまいます。ファンデーションがどんどん詰まっていくとさらに毛穴を広げる原因になるため、くすみやすい肌になってしまいますよ。

洗顔料

洗顔料は毎日使うものですから、少しの刺激でも蓄積されると肌環境が不安定になる原因。できるだけ香料や保存料などの添加物が使用されないものを使い、使用後に肌がカサカサになるものやヒリヒリする洗顔料は使わないでください。

スキンケアを変える時は慎重に!

スキンケアを変える時や新商品を使う際は慎重に判断してください。使い慣れたものを継続することが一番安全な敏感肌のスキンケアのコツ。ほかの商品にする場合はメーカーのカスタマーセンターに問い合わせ敏感肌でも使用できるかどうか必ず確認してから購入しましょう。

アルコール成分は使用しないこと

ふき取り化粧水などに含まれるアルコール成分は殺菌作用が高いのはメリットですが、敏感肌にはとてもダメージを与えますので必ずアルコールフリータイプを使ってください。ふき取りをするときはローズウォーターをコットンに含ませて叩くようにすると肌に安全ですよ。

食べ物を使ったパック

敏感肌は体に安全な食べ物を使ったスキンケアがオススメです。手作りのパックではヨーグルトとオートミールを混ぜたものを肌に塗布して10分ほどそのままに。最後はぬるま湯で洗い流して保湿をして完了です。オートミールは粉末でなく粗びき状態のものをヨーグルトに混ぜてスクラブとして使うこともオススメ。古い角質層を剥がし肌のキメを整えるので年齢肌のくすみ改善にも効果がありますよ。

水分補給

どんな肌タイプでも欠かせないのが水分補給で、体が水分不足になると肌も必然的に乾燥して敏感肌のヒリヒリなどの症状がおこりやすくなります。糖分が多い炭酸飲料やカフェインは除きミネラルウォーターや白湯などを飲み体の巡りを活性化しましょう。

コメントは受け付けていません。