[ほうれい線を消す化粧品]ランキングと選び方のポイントを解説!

ほうれい線を消す化粧品!選ぶポイントと使うコツを解説

ほうれい線で悩んでいる方はとても多いと思いますが、年齢だから仕方がないと諦めてしまってはどんどん老化が加速していくだけ。見た目年齢が老けてしまう理由のひとつ、「ほうれい線」を目立たなくさせるには化粧品選びがとても大切な理由をご説明しましょう。

ほうれい線を消す化粧品で肌のハリを回復しよう!

年齢とともにヒアルロン酸やコラーゲンなど肌のハリの土台となる成分が不足してしまいます。肌で作りだすことができなくなるため、化粧品で補わないと肌がどんどんたるんでいく一方なのです。マッサージや食生活も大切ですが、化粧品は肌に直接与えるメリットがありますのでほうれい線対策にぴったり合うものを選びましょう。

紫外線から肌を守りほうれい線の悪化を防ぐため

ほうれい線を完全に消す魔法のような化粧品は残念ながら存在しませんが症状を改善するものがありますので、少しでも見た目年齢を若くしたいなら自分の肌環境に合わせて化粧品を選ぶことが大切です。紫外線などの刺激は肌の老化を進めるためほうれい線がさらに目立つ原因。化粧品で紫外線対策を行い、普段からアンチエイジングを心がけましょう。

ターンオーバーのサイクルを正常に戻すケアが大切

年齢とともに肌のターンオーバーが乱れていきます。修復するために保湿が重要になりますので年齢肌にしっかり潤いを与える保湿化粧品を選ぶことがポイントになります。

ほうれい線の原因と40代からのスキンケアのポイント

ほうれい線は徐々に深く刻まれ、スキンケアだけでは追い付かない不安がありませんか。40代を過ぎると肌の老化は徐々にスピードを増していきますので、正しいアンチエイジングをしないと年齢差がはっきりと出てしまいますよね。そこで気になるほうれい線ですが、原因と40代のスキンケアについて見ていきたいと思います。

ほうれい線は真皮を構成する成分不足が原因

ほうれい線は鼻の両ワキに伸びる2本の線。シワと思っている方も多いと思いますが正確にはほうれい線は頬の境界です。重力により垂れてしまうことが主な原因ですが、たるみと頬の骨格によりほうれい線の目立ち方は個人差があります。

たるみの原因のひとつは加齢による真皮の衰えで、細胞内を構成するエラスチンやコラーゲンなどの成分が減少することだといわれています。口周辺は皮膚が薄く外部からの刺激を受けやすい特徴があり、角質層の水分も逃げやすくなっています。老化が目立ちやすい部分なのでとくに40代以降の肌は保湿ケアがほうれい線対策に欠かせません。不足する美肌成分を理解してスキンケアでプラスしていきましょう。

ほうれい線が目立つのは光老化により真皮層の働きが衰えてしまうため

40代にもなると、今まで浴びた紫外線のダメージがしっかり肌年齢として表れてしまいますよね。紫外線を浴びると体内で活性酸素が多く発生しますので肌細胞の老化もさらスピードアップしてしまいます。この紫外線による肌の老化は「光老化」と呼ばれ、真皮層が衰える原因として最も注意が必要なのです。

紫外線は活性酸素を発生させるだけでなく線維芽細胞の膜を壊し、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力を保つ成分を破壊してしまいます。光老化は肌の酸化を促しますので、ほうれい線やシミやシワなどの老化の原因となってしまいます。普段日焼け止めを使うことがもちろんですが、ダメージから守るように肌を強化するアンチエイジングも大切ですね。

ほうれい線が目立つ40代からのスキンケアで注意したいこと

ほうれい線がはっきりとわかるようになる40代は、30代と比較するとさら皮下組織の衰えや皮下脂肪の肥大によりほうれい線がさらに目立ち始めくる年齢です。ほうれい線の対策として行うべきことは、保湿と紫外線対策だけでなく抗酸化作用のある成分を補う点がポイント。またコラーゲンやエラスチンなどを増やして肌の内側からハリを出す為のサポートケアが欠かせません。

たるみの原因となる真皮の衰えは肌年齢に合わせたアンチエイジングを使うことで軽減され、50代になった時の見た目年齢にもメリットになりますよ。たった一晩のスキンケアではほうれい線が消えることはありませんが、コツコツ努力した人には必ずはっきりと効果が見えてくることでしょう。

ほうれい線を消す化粧品ランキング

ほうれい線をなんとかしたいと思っている方は毎日使う基礎化粧品からまずは見直し、人気ランキングを参考にして選んでみましょう。

アスタリフト

  • 浸透性が違う3種類コラーゲン配合
  • 新たにヒト型ナノアシルセラミドを配合
  • つやつや肌に導くWヒト型ナノセラミド
  • 富士フィルムこだわりのアスタキサンチンで潤いケア
  • 40代のほうれい線対策に有効
価格 ベーシックトライアルキット5日分/1,000円(税抜き)
備考 送料無料・ジェリーアクアリスタ10包付き

富士フィルムの独技術により成分をナノ化し角質層の奥まで届く働きが注目されています。人気の赤いジェリーから始める基本4点のスキンケアは、年齢肌のたるみ改善や乾燥予防など健康で若々しい肌作りに好評です。敏感肌でも安心して使える無添加化粧品なので老化が進むデリケートな肌にもピッタリ。しっとりと肌の奥から潤いを与えピンとハリを与える肌改善にオススメです。

公式ページへ

詳細ページへ

アヤナス

保湿&エイジング

  • 敏感肌と乾燥肌の専門ブランド
  • 世界をリードするエイジングケアで有名
  • ハリと弾力は170%アップ
  • 敏感肌ケアの特許技術を採用
  • 美容効果が期待できる癒しの香り
価格 10日間トライアルセット/1,480円(税込み)
備考 送料無料・手数料無料

アヤナスはポーラとオルビスグループから誕生した敏感肌専門のブランドで、アンチエイジング集大成としてスタートしたのがアヤナスです。ベストコスメ5冠受賞や人気雑誌で紹介されるほどの注目を集めていますが、スキンケアの根本を見直し乾燥が老化を進める原因にターゲットを置いています。肌の潤いを与えるのでなく生み出すケアが話題になっています。

公式ページへ

詳細ページへ

ビーグレン

  • アメリカ生まれのサイエンスコスメブランド
  • キューソーム技術で驚きの浸透力
  • 年齢肌の栄養補給にぴったり
  • 実証済みの乾燥小じわが目立たなくなる効果
  • 注文から365日間の返品・返金保証
価格 たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット7日分/1,800円(税抜き)
備考 返金保証・送料無料・代引き手数料無料

アンチエイジングに抜群の浸透力を持つと口コミで人気のビーグレンは開発者が薬学の博士号を取得しているドクターで、美容分野をさらに掘り下げて皮膚の構造にこだわり開発したコスメブランドです。ほうれい線やシワは独自の浸透テクノロジーが効果を発揮肌の土台からアンチエイジングをしてくれる化粧品です。

公式ページへ

詳細ページへ

ほうれい線を消すために!知っておきたい基礎知識

ほうれい線を消すためには、化粧品選びや使い方の工夫はもちろん、普段の生活でできることもたくさんあります。ほうれい線の原因やできるメカニズムについて理解しておくと、より効果的な対策が可能です。

ほうれい線を消すために知っておきたい基礎知識についてまとめました。

ほうれい線を消す化粧品の選び方で大切な3つのポイント

ほうれい線を消す化粧品の選び方次第では効果が大きく左右されてしまいます。年齢肌に合ったスキンケアをするためにはどんな点を意識すると良いのか、ほうれい線を消す化粧品の選び方のポイントを見ていきましょう。

抗酸化成分が配合されたもの

ほうれい線を消す化粧品の選び方でまず意識したいのは抗酸化成分です。年齢ともに体内に増える体内の活性酸素は、肌細胞の劣化や酸化の原因となりますので、抗酸化作用の高い成分を肌に補うことが大切です。ビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10など若返り成分を意識してみましょう。

しっかり保湿できるもの

ほうれい線を消す化粧品の選び方で最も大切な点が保湿力です。年齢肌は水分が蒸発しやすくバリア機能も低下しているため、普通の化粧品の保湿力では十分でなくさらに年齢肌には浸透力が不足する可能性があります。ほうれい線ができる原因は肌の弾力やハリ不足なので、修復するためにはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分がバランスよく配合された化粧品がおすすめです。

肌に刺激が少ない化粧品であるかどうか

ほうれい線を消す化粧品の選び方で意識したいポイントが、肌に刺激が少ないタイプであるかどうか。ほうれい線のようにはっきりと年齢がわかる症状はできるだけ効果があり、早く効き目がでる化粧品が欲しくなりますよね。あまり効果だけを意識してしまうと、刺激が強く肌に負担がかかる可能性があります。香料や保存料などの添加物はできるだけ使用しないものを選び、肌に優しく使える化粧品を選びましょう。

ほうれい線対策のための化粧品の使い方のコツ

ほうれい線対策のための化粧品の使い方ですが、なかには間違って使用している方も少なくありません。せっかく成分が濃密な化粧品でも正しく使用しないと効果が半減する可能性もありますよ。では早速ですが、ほうれい線対策のための化粧品の使い方についてコツを見ていきましょう。

入浴中にしっかり保湿ケアする

ほうれい線対策のための化粧品の使い方のコツは、いかに保湿力を引き出すかがポイントになります。年齢肌のケアをするために一番やりやすいのが入浴中の肌。血行が活発になると肌にも栄養が送られやすくなり、さらに肌に水分が浸透しやすくなっています。ほうれい線用の化粧水をたっぷりコットンにしみこませて、入浴中にマスクとして使ってみましょう。半身浴にするともっと長時間湯船につかっていられるので美肌ケアにもメリットになります。

浴槽内は蒸気で水分が一緒に肌に取り込まれ、さらに毛穴が開いているため浸透性もアップ。化粧水のマスクをするときは必ず洗顔をして清潔な肌に行いましょう。

パッティングのやりすぎに注意する

ほうれい線対策のための化粧品の使い方で注意したいのは無理なパッティングです。力を入れて何度も叩きこむと肌の毛細血管がダメージを受けてしまい栄養がしっかり送られなくなってしまいます。パッティングをした後に肌が赤くなるようでは力が入りすぎのサインですよ。年齢肌は優しく両手で顔を包み込むように、叩くのではなく抑え込むようにしてパッティングをしてください。

また顔だけでなく首にも年齢が表れやすいため化粧水などをつける時には、ついでに首のマッサージをしておくと便利ですね。

パッティングはコットンを使わず手の平に化粧水をのせたほうが、体温で温まり年齢肌にさらに浸透しやすくなります。

ほうれい線とはなに?いつからできるものなの?

ほうれい線とは?一体どんなものなの?という疑問を持っている方は少なくありませんよね。年齢とともに衰える肌は症状を正しく理解しておかないと、スキンケアがしっかりできません。シミやしわ、たるみなどの色々な気になr年齢肌の症状がありますが、ほうれい線はとくに目立つもので予防が大切ですよ。

ほうれい線とは?

ほうれい線は加齢により肌の水分量が減少して肌が下がってしまうためにできるものです。ハリ不足や潤い不足が進行するとほうれい線がはっきりしてきますよね。また年齢を重ねるごとに頬の筋肉が衰えておこるたるみも原因となります。

いつからできるのもなの?

ほうれい線が気になりだすのは30代からが多いといわれています。肌の老化は症状がはっきりする年代以前から実はすでに始まっていて、20代後半からはもう老化が起こっているのです。

稀に遺伝や骨格のゆがみなどにより10代でもほうれい線ができることがありますが、一般的にはほうれい線とは肌の老化症状のひとつで、30代~40代が要注意です。表情筋を鍛えたり保湿をするなど予防対策をしっかり行い、ほうれい線ができないように肌のハリや弾力をキープすることが大切ですね。

50代になるとさらにほうれい線は深くなりますので、40代でしっかりアンチエイジングをしないといけません。

ほうれい線はなぜできる?気になるメカニズムについて

ほうれい線はなぜできるか、仕組みを正しく理解して年齢肌のスキンケアを行いましょう。ほうれい線はできないようにしっかり保湿ケアを毎日やっていても、ある年代になると徐々にはっきりしてきますよね。老け顔に見える原因にもなるほうれい線、なぜできるのかメカニズムについて見ていきたいと思います。

ほうれい線はなぜできるのか原因を知ることが最初のステップ

ほうれい線がなぜできるのか、肌の老化症状として理解している方がほとんどだと思います。加齢はほうれい線ができる一番の原因になりますが、なぜ年齢を重ねるごとにこの症状がでるのかというと、角質層内部にあるエラスチン線維の劣化、コラーゲン不足、筋肉の減少などが要因となります。

肌のハリを保つ成分は年齢とともに減少していく為、肌の弾力が不足し重力によって口元周辺の皮膚が下にたるんでしまいます。

深く刻まれたほうれい線を解消するためには不足するコラーゲンの生成を促進したり、ヒアルロン酸やセラミド、エラスチンなどの成分を化粧品で補わないといけません。

ほうれい線が悪化する色々な要因について

ほうれい線はなぜできるのか、最初は目立たない細い線でも状況によっては悪化する可能性があります。ほうれい線は加齢以外にも紫外線や生活習慣、乾燥なども悪化させる原因になっていますよ。

紫外線を浴びると体内で活性酸素が多く作られ肌細胞が老化してしまいます。また紫外線はバリア機能を低下させる要因になりますので、肌から水分が蒸発しやすくなってしまいます。

生活習慣では喫煙、睡眠不足、運動不足なども肌のたるみを招く原因になりますし、肌の乾燥予防もほうれい線対策には欠かせません。乾燥肌は老化を進める原因になりますので、年齢が気になり始める30代~40代は自分の肌の働きに合わせてしっかり保湿をするとよいでしょう。

ほうれい線が目立つ原因!3つのポイントをチェック

ほうれい線はそのままにしておくとどんどん深くなっていく一方です。ほうれい線が目立つ原因を理解して、正しいスキンケアをしないと見た目年齢もどんどん老けてしまいますよ。そこで早速ですが、ほうれい線が目立つ原因の3つのポイントを見ていきましょう。

紫外線の影響による悪化

紫外線対策は主にシミやそばかす、日焼け予防だけが目的ではありません。紫外線のUV-Aという波長の長い光は角質層の奥まで届き、肌細胞の働きにダメージを与えます。

紫外線は皮膚の弾力の基盤となるエラスチンやコラーゲンを減少させるだけでなく、光による「老化」もスピードアップする原因です。紫外線を浴びると活性酸素が多く作られてしまいますので、肌細胞が劣化する原因になりますよ。

睡眠不足による肌の老化

睡眠不足は肌トラブルの原因になることは皆さんご存知ですよね。寝不足の朝は鏡を見ると吹き出物ができるなんて経験があると思います。40代を過ぎたら注意したいのは寝不足による吹き出物よりも肌の老化。睡眠中は成長ホルモンが活発になる為、とくに夜10時~2時までの間はしっかり睡眠をとらないといけません

睡眠不足になると肌のターンオーバーが低下し新しい肌細胞が作られないだけでなく、皮脂線が不安定になり乾燥や吹き出物ができやすくなるといった悪影響があります。

乾燥肌はほうれい線の最大の敵

肌が乾燥するとハリや弾力が不足してほうれい線が目立つ原因がさらにスピードアップしてしまいます。軽度のほうれい線ならば保湿をしっかり行えば目立たなくすることが可能ですよ。

保湿ケアは年齢に合わせて不足する美容成分を補うこと、また浸透性の高いほうれい線を消す化粧品を選ぶなど、悩みに合わせたスキンケアを心がけましょう。

ほうれい線を消すための対策!スキンケア以外でできること

ほうれい線を消すための対策はまずスキンケアが何よりも重要な点ですが、さらに効果を出すためにはそれ以外にもできるいくつかの対策を意識してみましょう。ではどのような方法があるのかほうれい線を消すための対策のコツを見ていきたいと思います。

顔の筋トレで表情筋を強化する

ほうれい線は加齢による肌のたるみが主な原因ですが、その元をたどると表情筋の衰えが大きな要因となっています。

表情筋を鍛えるにはいつも表情豊かににこにこしたり笑う生活がなによりも大切。また口を大きく開いたり唇を尖らすなどの動きで頬の筋肉を使うことを意識してください。500mlのペットボトルに水を入れて、口でくわえる表情筋のウエイトトレーニングなどもありますので、ネット検索してぜひ参考にしてくださいね。

リンパマッサージで肌の働きを活性化する

ほうれい線を消すための対策として意識したいのが顔の血行改善とリンパの流れを促進する点です。

リンパは老廃物を運ぶ役目があり血液の流れととともに活性化されます。フェイスラインに沿ってリンパ腺が走っていますので、顎から上に向かうように優しく刺激しましょう。リンパの流れが活性化されると肌の透明感がアップしますし、ほうれい線を消すための対策として栄養循環が良くなるメリットもありますよ。

ほうれい線に効果的な食べ物を積極的に摂取しよう!

ほうれい線に効果的な食べ物ってなにがあるかご存じですか?栄養補給は肌の表面だけでなく内側からもしっかりやらないといけませんよね。年齢が気になる肌こそしっかり食生活にも意識したいものです。そこで早速ですがほうれい線に効果的な食べ物をご紹介しましょう。

高たんぱく質の食べ物

表情筋の衰えを改善するためには筋肉の元になるたんぱく質を多く摂取しないといけません。肉類や卵、乳製品、豆類などにたんぱく質が多く含まれていますので、なるべく脂肪が少ないものを選んで食べましょう。肉類なら鶏のささみ肉が低カロリーで高たんぱく質なのでおすすめです。

抗酸化作用の高い食べ物

ほうれい線に効果的な食べ物は、年齢を重ねるごとに増える活性酸素を除去するものが必要です。オリーブオイルのビタミンE、トマトのリコピン、果物のビタミンCなどに抗酸化作用が高い働きがありますよ。食事で不足しがちな場合はサプリメントを活用してもよいでしょう。

食物繊維が豊富な食べ物

年齢肌は体の代謝を活発にすることも忘れてはいけません。デトックス効果が高い食物繊維が豊富な野菜類は、肌に必要なビタミン類やミネラルが豊富ですし、胃腸の働きを活発にするので便秘予防にもなります。肌年齢が気になる40代以降はほうれい線に効果的な食べ物をどんどんプラスしてくださいね。

「ほうれい線を消す化粧品」に関するQ&A

ほうれい線は見た目年齢を大幅にアップする原因となります。ほうれい線を消すためには、効果的な成分を配合した化粧品を使うことはもちろん、化粧品の使い方や表情筋を鍛えること、メイク法などさまざまな工夫が必要です。ほうれい線を消すためのよくある疑問についてQ&A形式でまとめました。関連情報も併せてご紹介します。

ほうれい線が気になっています。化粧品を探しているのですがオススメの成分ってありますか。

40代になってから初めて化粧品を変える予定です。いままでずっと同じブランドの化粧品を使っていたので新しくするのはちょっと抵抗があるのですが、ほうれい線に効き目がある成分をまずは知りたいです。

ほうれい線に効き目がある成分は1種類ではありませんので、あらゆる角度からアプローチした方が効き目が実感しやすいと思います。アンチエイジング化粧品も美白や保湿、毛穴対策など目的別になっていますので、ほうれい線対策をするならハリ回復ができるヒアルロン酸がまず覚えておきたい成分です。

ほかにもコラーゲンやセラミドなど肌の潤いを改善する美容成分をプラスして、衰えた肌の働きを基本から修復させることが重要です。

知っておきたい!ほうれい線を消す美容成分について

ほうれい線は表情筋の衰えや肌の弾力不足が原因となります。見た目年齢を若くする為には顔全体的にリフトすることが効果的ですが、そのためにはどのような成分が必要なのか詳しく見ていきたいと思います。

プラセンタエキスで細胞を活性化

プラセンタは胎盤から抽出するエキスで、アンチエイジング化粧品でよく使用されています。プラセンタは細胞を活性化する働きがあり、さらに年齢とともに減少していくコラーゲンの生成を促進するメリットもあります。肌のたるみ改善に良いハリの回復で、深く刻まれたほうれい線も目立たなくなりますので化粧品を選ぶ時はプラセンタが配合された化粧水などを意識してみましょう。

エラスチンで肌の弾力を回復させる

エラスチンはゴムみたいに伸縮してコラーゲンに絡みつき肌の弾力を内側からアップさせる働きがあります。タンパク質の一種なので肌の細胞を作るためにも欠かせません。エラスチンが不足すると肌の弾力がなくなりハリ不足となるのでシワもできやすい状態。しっかり補うためには化粧品で普段からスキンケアにプラスするとよいでしょう。またエラスチンは保湿効果も高い成分なので、加齢により乾燥しやすくなる年齢肌の保湿ケアにもオススメです。

ヒアルロンで潤いをアップさせる

ほうれい線をしっかり消すには美容外科で治療を受けることも可能です。ヒアルロン酸注射がアンチエイジングで近年注目されていますが、ヒアルロン注射は保湿成分を肌に補う効果があり弾力を出す為にもメリット。しかし注射だと即効性がある反面、効果が永久に持続しないため定期的に病院に通う必要があります。

そんなリスクを抱えるよりも手軽なのがヒアルロンを配合したほうれい線に効き目がある化粧品。毎日のお肌のお手入れでしっかり補給できますし、注射で肌に負担を与えることもありません。ヒアルロン注射は保険適用外なので高額になりますので、コスパも安心して使える化粧品で補う方法が一番オススメですね。

ヒアルロン注射は保険適用外なので高額になりますので、コスパも安心して使える化粧品で補う方法が一番オススメですね。

ほうれい線がマッサージで消えるって本当?

現在40代の主婦です。ほうれい線が目立ちファンデーションを塗るとシワみたいによってしまいます。マッサージでほうれい線が消えると聞きましたがよい方法を教えてください。

ほうれい線はリフトアップが一番効果的なケア方法ですが、加齢によりどうしても筋肉が衰えてたるんでしまい、見た目年齢も老ける原因。ほうれい線によい簡単なマッサージは口を大きく開いて「あいうえお」と発声する真似をしましょう。また普段から表情豊かな生活できるだけ表情筋を鍛えることもメリットになります。化粧品はほうれい線に効果を発揮しやすい保湿系ハリ回復のリフトアップ系のアンチエイジングがオススメです。

今日から早速チャレンジ!ほうれい線を内側から消す方法!

表情筋の衰えは顔の全体的なたるみ原因になり、歳だから仕方ないと諦めてしまう人多いと思います。でも筋肉は鍛えることでハリが回復しますので、ほうれい線にターゲットを絞った口内マッサージをやってみましょう。

15秒間の口内マッサージでほうれい線を消す!

小頬骨筋、大頬骨筋をマッサージをしてほうれい線を目立たなくする方法です。まず親指を上歯茎と唇の間に入れに人差し指と中指を外側から添えてほうれい線のラインを3か所に分けてぎゅっと押さえるようにマッサージします。そして鼻から少し離れた位置も同様に上からほうれい線に沿ってマッサージ。左右を3セット行うと頬の筋肉が引き締まりほうれい線が目立たなくなります。お風呂のなかや洗顔時にやるととてもやりやすいので、早速今日からチャンレジしてみましょう。

口の中で舌をころころ回す筋トレ

口を閉じた状態で舌で上下歯茎をなめるように一回り動かします。この動きを10回繰り返し次のセットは逆回りでやってください。頬の筋肉を鍛える効果がありますので、たるみが気になる方にオススメ。パソコンやデスクワークで座りっぱなしでもできる方法なので、気が付いたら積極的にやってくださいね。また同様に口をぎゅっとすぼめた状態で空気で一杯に頬を風船みたいに広げるのも効果あり。ほうれい線が伸びて目立たなくなるイメージでやってみましょう。

耳の後ろの気持がよいマッサージ

耳の後ろって普段マッサージしない部分ですが、ほうれい線を目立たなくする隠されたコツがありますよ。耳の後ろの皮膚を外側に引っ張るように伸ばしてください。こうすることで顔全体のたるみのリフト効果があり、ほうれい線も目立たなくなります。メイク前にやるだけでもなんとなく小顔になるような印象がありますよ。耳の後ろはリンパも流れていますので老廃物を出しやすくするメリットもあるので美肌にオススメです。

ほうれい線を目立たなくするメイク法はありますか?

同窓会があるのでできるだけ若作りしようと頑張っています。ほうれい線を目立たなくするメイク方法があったらぜひ教えてください。

ほうれい線を根本から改善するにはスキンケアが大切ですが、同窓会や大切なイベントの時はその日だけでも若作りしたいですよね。ほうれい線を消すにはまずファンデーションを絶対に厚塗りしないこと。厚みがあるほどメイクがよれてほうれい線のみぞに入ってしまいます。シミやくすみが激しい場合はファンデーションを薄く重ねていきながらカバーしてきましょう。

またほうれい線の部分は他の部分よりも少し薄目にファンデーションを塗ることがポイント。トントンを肌を叩くようにぼかしてください。

ほうれい線をその場で目立たなくさせるメイク方法

メイクでほうれい線を隠したつもりが、逆に太いシワみたいに目立っているなんて経験がありませんか。年齢とともに肌には隠したいトラブルがたくさん。でも厚塗りをすると逆に目立つので、ほうれい線を目立たなくするメイク技について見ていきたいと思います。

ファンデーションはパウダー系がオススメ

リキッドファンデーションはシミやそばかすなどのカバー力はとてもよい反面、しっかりつけ過ぎるとよれてしまう可能性があります。頬は表情を作るために常に肌肉が動きますのでメイク崩れしやすい部分のひとつです。

ほうれい線を隠すには下地がポイント。まずは透明感がでる下地クリームを薄く塗って、仕上げにフェイスパウダーをブラシを使ってクルクルと円を描くように広げていきましょう。しっかり毛穴を埋めてナチュラル感を出すとほうれい線だけが浮いてしまうことがなくなります。

コンシーラーでハイライト効果を出す

ほうれい線を無理やり隠そうとしてファンデーションをしっかり塗るのはNG。層が厚くなりシワやメイク崩れが目立ちやすくなりますので、自然に隠すにはコンシーラーを使ってハイライト効果を出しましょう。

ほうれい線の上に5か所ほどリキッドコンシーラーをのせてスポンジで叩くように肌になじませていきます。仕上げにフェイスパウダーで輝きを出せば、シワの影がなくなりとても自然な透明感がでて見た目年齢が若くなりますよ。

スキンケアで肌の働きを活性化することを忘れずに

メイクはその場限りのほうれい線対策として有効ですが、メイクを落としてしまえばまた元の状態に戻ってしまいますよね。真剣にほうれい線対策をするならアンチエイジングの化粧品を使い、肌の働きから改善していくことが大切です。ハリ回復やリフト効果、また保湿で肌を内側から持ち上げるようなスキンケアが効果的。色々なアンチエイジング化粧品が市場に出回っていますので、人気ランキングを参考にして選ぶとよいでしょう。

 

コメントは受け付けていません。